FC2ブログ

藤宮のエッチな体験談

ここにしかないオリジナル小説も掲載予定  エッチな体験談 萌えた体験談 寝取られ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

欠陥車のお陰で…エッチな体験談

その日は親戚の結婚式に家族で招待された帰りの事だった。
クリスマスの近い12月の半ばの週末、俺たち家族は高速道路で2時間、一般道を更に1時間ほど行った場所の親戚の結婚式に呼ばれ俺の運転する車で行った。
式は淡々と進み無事に大団円のうちにお開きになった。時間は夜の7時頃だった。
両親はそのまま親戚の家に泊まって翌日、電車で帰ってくると言った。
俺たちも泊まっていけと誘われたが、酔っ払いの相手をするのは嫌だったし、妹の相手になる同年代の親戚が居なかったので、俺は妹を連れて先に帰ることにした。


当時俺は21歳。車が好きで高校卒業と同時に免許を取得し車を買う為、今の会社に就職した。
その時、妹の由貴は17歳の高校2年生だった。俺たち兄妹は仲が良く特にケンカもしたこと無く、世間一般で言うところの仲良し兄妹だった。
兄が言うのも変だが、へたなアイドルより由貴のが可愛いと思う。
それにスタイルも良く、さぞ学校ではモテテいる事だろうと、ちょっと嫉妬していたぐらいだ。
親戚の家を出て2時間…高速に乗って1時間くらいした時だった。
突然エンジンが止まってしまった。
一瞬焦ったが、俺は慌てず、まずハザードを点灯させ、ゆっくり左に寄せて路肩に入るとブレーキを踏み停車した。シフトレバーをPレンジに切り替えて、キーを回しセルモーターを動かした。
だけど掛からない…
普段から小まめに点検整備をしているので、こんなトラブルが起きるなんて予想もしていなかった。しかも、買ってまだ最初の車検も受けていない、つまり新車なのに何故エンジントラブルが起きたのか、不思議でならなかった。
[ 2015/01/11 23:03 ] 近親との体験談 | TB(0) | CM(-)

義理の娘 美佳 エッチな体験談

義理の娘 美佳 14歳 中学3年

学校でも真面目で可愛いと評判で、内心自慢の娘です。
私は40歳、シングルマザーとして美佳を育てていた
妻と結婚して10年になる夏のことでした。
妻が緊急の入院で2週間入院していたときのこと。
退院の目処が立ち、ほっとした1週間目ぐらいの頃です
日頃から家事のしつけを受けていた美佳はそつなく妻の代わりを努めていました。

その日食事の後片付けを終えた美佳は私の寝室兼居間のベッドでTVを見ていました。
私はPCでいろんなサイトをチェックしている最中です

「美佳,そろそろ自分のベッドで寝なさい。」
「は~い」

返事はありますが、動きません。
パソコンを23時で閉じ、娘の後ろから添い寝するようにベッドに横になりました。
一緒にTVを見る格好です。
娘はTシャツに短パン姿、ショートカットの頭を軽く撫でるようにしながら

「まだ眠りたくないのかな?」

っと話し掛けると黙ってうなずきます。
私とはあまり面と向かって話すことの少ない娘でしたが、ちょっと様子が変でした。
意地になってTV画面を見ている・・そういう雰囲気。
急にドキドキしてきた私は、髪を撫でながらゆっくり肩から腕にゆっくり滑らしました。
そしてまた頭・・・耳・・・嫌がる様子はありません。
ただ耳が真っ赤になってきたのは見逃すはずも有りません。

「お父さんにこうやって触られるのイヤじゃない?」

しっかりうなずきます。

「お父さん、美佳のこと好きだからお母さんと同じように可愛がってあげるね」

耳を撫でながらそういうと、またうなずいています。。。
[ 2015/01/11 00:34 ] 近親との体験談 | TB(0) | CM(-)

伯父との関係・・・エッチな体験談

忘れもしない、私が高3の夏休みのこと、家族で田舎に帰ったときのこと。
伯父との関係のきっかけとなった事件があった。

私がトイレに行こうと廊下にでたとき、伯父がすれ違いざまに私の胸を掴んだ。
ずっと私の胸ばかりみていたのは気づいていた。
イヤだなあとは思っていたけどジロジロ見られるのはいつものことだったから気にしない。
そう思っていたけど、内心、親類なのにという気もしてやはり意識せざえなかった。
掴まれた瞬間に体に電流が走った気がした。
私はそのままうずくまってしまった。伯父は少しあわてた様子だった。

「ごめんな。ちょっとした出来心だ。勘弁な。」

言葉からは反省は見られなかった。
私が泣いたりしていないのを確認するとそのまま行ってしまった。
私は伯父に触られた嫌悪感もあったけど、今のはいったい…って思いのほうが強かった。

その夜、お風呂に入っていた。何か体がだるいような不思議な気分だった。
湯船に肩までつかって落ち着こうと思っていた。
すると窓の外からかすかに足音のような音が聞こえた気がした。
気のせいかなと思ってけど、何か視線を感じていた。伯父が見てる。そんな気がした。
窓のほうに目を向けれなかった。気味が悪い普通ならそう考えるはずなのに…。
何故か私は、体を見せてやれ!そんなちょっとした悪戯心が芽生えた。

私は勇気をだして立ち上がり湯船の淵に座った。
ちょうど窓から私の全身が正面から見えるように・・・。
私は全身が日が出るように火照っていった。
おそらく今、私の裸は伯父に見られている・・・そう考えると妙な興奮を覚えた。
ほんの数秒だと思う。しかし、私にはものすごく長い時間に感じた。
耐え切れずすぐに湯船に入った。明るい場所で男の人に裸を見られたのは初めてだった。

[ 2015/01/11 00:33 ] 近親との体験談 | TB(0) | CM(-)

寝ている姉に・・・前編


自分には4歳年上の姉がいます。
弟から見ても割とかわいい方だと思います。
ちょっとうるさいですが、明るくてやさしい姉です。

自分は中1までセックスとかの知識がほとんどなく、
もちろんオナニーなんてしたこともありませんでした。
中1の時友達からエロ本を見せられ、色々話を聞いて、初めて知りました。
すごい衝撃的でした。今まで経験のない感情になりましたし。
こんな事はどうでもいいですね・・すみません

それで中2になってからは毎日のようにオナニーしてました。
友達から借りた本やビデオをおかずに。 始めのうちは家族に見つからないように、
廊下の足音にもビクビクするぐらい細心の注意を払ってたんですが、
慣れてくるとそれも散漫になり、ある日姉に見られてしましました。


いつものように、寝る前にすっきりしようとオナニーしてると、いきなりドアが開いて

「ねぇ、まだ起きてる・・・」

そこにはビックリした表情の姉が。


自分は下半身丸出しで、誰が見てもオナニーしてたのがわかる状態。
姉は無言で部屋から出て行きました。
もう頭の中真っ白で、チンチンは萎えきっていました。
もう人生終わったかのように落ち込んで、明日からどうすればいいか考えていました。
しばらく途方に暮れていると、突然ドアをノックする音が。
「入ってもいいかな」姉の声が聞こえてきました。
心臓バクバクしながら、「いいよ」と答えると、
姉は気まずそうに部屋に入ってきて、私の前に座りました。
ちゃんと謝らないともう二度と口も利いてもらえないと思い、俯いたまま

「ごめんなさい」と謝り姉を見ると、姉はニッコリ笑って
「ううん、謝らなくていいんだよ。急に入っちゃった私が悪いんだから」

全然予想してなかった言葉が返ってきて、泣きそうになりました。
その時の姉の顔は今でも忘れません。

姉は続けて話しかけてきます。

「あんなとこ見るの初めてだし、ビックリしたけど、別に普通の事だもんね」
「ごめんね、お姉ちゃんが悪いんだから」

姉は気まずさを紛らわすように、その後もどんどん話し続けました。

(俺)「お姉ちゃんホントになんとも思ってない?軽蔑してない?」
(姉)「うん、思ってないし、軽蔑なんてしないよ。誰でもすることでしょ」
(俺)「誰でも・・お姉ちゃんも?」

言った瞬間に、ヤバイ、何言ってんだ、と思って姉を見ると、笑いながら

(姉)「ちょっとならね・・・もうバカな事聞かないの!」
   「元気出たでしょ。もう寝なさい」

姉はそう言って部屋を出て行きました。



その日は姉のおかげで気分も晴れ、ゆっくり眠ることが出来ました。
結局オナニーはしなかったけど。。。
[ 2015/01/10 15:50 ] 近親との体験談 | TB(0) | CM(-)

寝ている姉に・・・後編


姉は大学生になり、少しずつ今までとは変わっていきました。
大人っぽくなっていった感じです。
相変わらず優しい姉のままではあったけど。
こっそり見ている下着が少し派手になったり、メイクもしっかりするようになったし。
おかげでズリネタには不自由しませんでした。

姉が大学に入って半年位たった頃、姉に彼氏が出来たようでした。
明るい性格なので家でも親に平気でそういう話をしてました。
それを知った自分の頭の中では、男に抱かれセックスする姉の姿や、
チンコをしゃぶる 姉の姿で一杯になってました。
姉の淫らな想像はしても、不思議と嫉妬はあまりなかったです。
姉の彼氏がとてもいい人だった為かもしれませんが。
付き合って何ヶ月かすると彼氏もたまに家に来るようになり、
高校受験を控えた自分に 勉強を教えてくれました。

兄貴が出来たみたいでうれしかったですが、姉を抱いている事を考えると複雑な心境。
しかし頭の片隅には、姉の体に触れて舐め回したのは自分が初めてなんだという
優越感がありました。(本当に初めてだったかはわかりませんが・・・)
姉の周りの環境は色々変わっていったようでしたが、
自分が姉の部屋に忍び込むのは相変わらずでした。


高校生なってもやる事は同じ。性の対象は姉。
そんなんだったから彼女が欲しいともあまり思わなかった。
ただセックスしたいという気持ちは異常にあったけど。
周りの友達と、誰がかわいいとか、誰と付き合いたいみたいな話はしてたけど、
頭の中は姉の裸や淫らな姿ばっかり。感覚がおかしくなっていたと思う。
友達に綺麗なお姉さんがいていいよな~。
なんて言われるのが優越感みたいなものを感じて興奮した。
 
その頃今までと変わり、姉がたまに酒を飲んで帰ってくるようになりました。
姉が酒を飲んでくるのは、自分にとっては嬉しい事だった。
酔って「ただいま~」と抱き付いてきてくれるし、何よりもいつもより眠りが深かった。
いつもより大胆に姉のマンコを触れたし、姉の手の中で射精したりもできた。
姉の寝相によっては、お尻を触ったり、
姉の唇にガマン汁で濡れたチンコを擦り付ける事までやってしまいました。
[ 2015/01/10 15:49 ] 近親との体験談 | TB(0) | CM(-)
i-mobile


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。