FC2ブログ

藤宮のエッチな体験談

ここにしかないオリジナル小説も掲載予定  エッチな体験談 萌えた体験談 寝取られ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

友達の彼女に付き合って・・・エッチな体験談


大学の頃、一人暮らしをしてる文化住宅に男友達とその彼女が予告もなくやってきた。
結構夜遅くておれは晩飯を済ませ、AVでも見て一発抜こうと思ってるときだったので、
ビデオデッキにはレンタル店で借りてきたエロビデオが入った状態だった。
二人は既に酔っており、かなりハイな状態。
楽しそうにいちゃついておれは出す物出せずやや不機嫌な状態だった。
男友達は高校の頃からの悪友。彼女はそいつと付き合うようになってから紹介され、
3ヶ月くらい前に初めて合ってから何度か顔を合わせている。
当時おれには彼女がおらず、3人で遊ぶ事も2~3回あった。
彼女は良くモテる男前の友達の彼女らしく結構美人で派手な顔立ちだった。
普段からノリも良く、酒は友達より遙かに強くザルのようで、飲むとさらに陽気になるタイプだった。


友達は彼女を家まで送っていくのに酔いを醒ますためにうちに寄った。
しかし、陽気になった彼女の言い出しっぺで結局うちで飲み直す事に。
うちには缶ビールは5本くらいしかなく、買おうにももう自動販売機でも買えない時間だったので、
前に人から貰ってそのままになっていたウイスキーの瓶を出してきた。
(というより酒はないと言ったら彼女に棚のウイスキー瓶を指さされ、出さざるをえなくなったんだが)
近所のローソンで氷とアテだけ買ってきて、水割りで飲むことになった。
友達はあんまり乗り気じゃなかったが、おれとの話も弾み、だんだん楽しい雰囲気に。
彼女が率先して水割りを作ってくれてたのだが、正直濃かった。
おれも弱い方じゃないから付き合っていけたし、彼女のテンションは上がる一方。
たまに「夜中なんだからもう少し静かにしてくれよ」と注意するほどだった。
友達もよく飲んでいたのだが、だんだん会話も尽きてくるように。
そうなるとだんだん付けっぱなしになっていたTVに皆の目が行くようになり、
こたつにうつ伏せるようになって、そのうちには寝転がって眠ってしまった。


彼女が突然「TVがつまらない」と言い出した。
チャンネルを変えても陰気な映画しかやっておらず、「なんかビデオないの?」デッキを触り始めた。
おれはやばい!と焦った。デッキにはエロビデオが入ったままだ!
しかも昨日ヌキ終わった絡みの途中で止めたまま!
おれは思わず彼女の肩を掴んで「いや、ビデオはダメだ」みたいな事を言って止めた。
彼女は訳がわからずまだ触ろうとしている。
そのうちにそうやってもみ合っているのが楽しくなってきたらしく、
何かというと「ビデオ見よう」とデッキに近づいていった。おれはそのたびに止めに行った。
彼女はもう本気でビデオ見ようとしてるわけじゃないことがわかってきたし、
酔ってもいたので友達に悪いと思いながらもちょっと胸に触ったりしてじゃれ合っていた。
友達の彼女もどさくさ紛れにおれが胸触ってるのを絶対気付いてるはずなのに何も言って来なかったので、
おれはエスカレートして、次は両脇に手をまわしてくすぐらせて止める手段に出た。
彼女はくすぐり攻撃に弱かったらしく、身をよじらせて「ギャハハ!」と笑い狂った。
足をジタバタさせるのでミニスカがはだけてピンクのパンツがモロ見えに。
「おまえ、パンツ見えてるぞ!」というと憎々しくも甘えた声で
「いいも~んO君(おれの事)になら見られても平気だも~ん」
みたいに言うから何度もくすぐらせてパンツを堪能してやった。

[ 2015/01/25 16:19 ] その他のエッチな体験談 | TB(0) | CM(-)

オルガスター・・・エッチな体験談


ドアの隙間に不在通知が挟まっています。
(来た。すぐ届いちゃうんだなぁ)
再配達時間にはまだ間に合います。
スーパーの袋から2本の缶ビールだけを冷蔵庫に移して電話を掛けました。
10分もせずに配達されました。
受け取るときは内心ドキドキしていて表情に出ていないか心配していました。
荷物は全く普通のもので、会社で受け取る宅配便と変わりませんでした。
初めてのアダルト通販だったんです。


きっかけはいつも見ていたブログへトラックバックしていたおとなのオモチャを売っているお店のブログ。
徳川さんという身長190センチの店員さんが書く日記形式のちょっとえっちなそれは、
時々お店の商品を紹介するのにも使われて、彼の楽しい文章と合わせるといやらしさを
感じさせない自然な商品に思えました。
「みんな本質はえっちなんだから彼女彼氏の居ない人はうちの商品で楽しんでくださいね~」
彼はいつもそんなスタンスでえっちなことを語ります。


ある日のブログに変わった形をしたバイブレータが載せられました。
オルガスターと言うそのバイブは女性が開発したとうたわれ、
最も感じる部分のみを刺激する形状になっているらしいのです。
それはよく見るグロテスクなペニスの形状はしていませんでした。
挿入する部分は太い親指?のような膨らみをしていて、膣に入ってすぐ前側、
人によってはGスポットと呼ばれる性感帯をやわらかく刺激します。
取っ手部分から飛び出たものは直接女性の最も敏感なところに押しつけられ、
やわらかいブラシのような突起が付いています。
挿入すると本体と出っ張りの角度が急なため、
Gスポットとクリトリスに強く押し当てられるようになっています。


そして気になるのは「これは勝手に抜けない」らしいのです??
ずん同のペニス型バイブと違い、太い部分をを過ぎるとまた細くなる形状のため、
膣の入り口を通過するとあとはするすると奥に喰い込んでいき、
手を離しても膣に吸い付いたままになるらしいのです。
すると自然にクリトリスを刺激するブラシもぴったりと装着させてしまうそうです。
最後になぜか膣圧向上も書かれていました。
以前、彼に太いバイブレーターを使われたとき、感じすぎてぬるぬるになったあそこから、
バイブをつるんと落としてしまい「おまえのあそこは緩いんじゃないの?」
と言われショックを受けました。
今は別れた彼以外に付き合った人も居なかったのに、失礼な話です。
それにしてもこのバイブレーター・・・。
徳川さんのわかりやすくえっちな説明に、私はあそこを期待で濡らしてしまいました。
でもなんでこんなに女の体のこと知っているんだろう?
リンクされた商品購入ページに進みながら考えてしまいました。
まぁいいか安いし、ホント試してみたい。
[ 2015/01/25 16:18 ] その他のエッチな体験談 | TB(0) | CM(-)

宿泊先で・・・&図書館から・・・エッチな体験談


三ケ月前の話です。仕事の出張でビシネスホテルに泊まった時の事。
ホテルの1番奥のシングルの部屋に泊まってたんですが、サラリーマンが泊まってることが多いせいか
隣の部屋から超デカイ音でエロビデオの音が聞こえてくるんです。
彼氏と別れて5ヶ月くらいえっちをしてなかった私はその音を聞いて急激にえっちな気分になりました。
隣の部屋の人はもちろん、隣に女が泊まってるとは知らずにビデオを見てたと思います。
その音が止んで今度はお風呂に入る音が聞こえて・・・
部屋の構造上隣の部屋のお風呂と私の部屋のお風呂が壁挟んだだけになってたので
えっちな気分を我慢できず隣に聞こえるくらい声を出してオナニーしちゃいました。


隣に聞こえてるか聞こえてないかよりも人がいると思うだけで興奮しちゃいました。
するだけして、お風呂でのんびりしてたら部屋の電話が鳴ったのでフロントからかと思い電話にでると、
内線でとなりの部屋からの電話でした。
「○○○号室だけど、さっきの声全部聞こえてたよ。気持ちよかった?」
と言われ私もまさか電話なんてかかってくるとは思ってなかったので驚いてると
「あんな声聞かせて、俺ガマンできなくなっちゃったよ。今からこっちの部屋来てくれる?
 イヤならこのまま電話でもいいよ?」と言われ私は何も答えず電話を切りました。
少し考えて、でもえっちな気分はおさまらなかったので、
もうこのあと会わない人だからいいかなと思い、浴衣のまま隣の部屋に行きました。


部屋にいた人は40代くらいのサラリーマンでした。
自分のオナニーの声がこの人に聞かれたのかと思うと恥ずかしくてドキドキしました。
意外に優しそうな人だったけど「どうぞ」って言われて部屋に入ると
やっぱりえっちなビデオが流れてました。
「ここに座って」とベットの上に座らされると、
その男の人はベットの前にイスを持ってきて私の前に座りました。何がなんだかわからないでいると、
「さっき声きかせてくれたみたいに、風呂場でやってたことしてみせてよ」と言われました。
私はとっさに「ヤダ」と答えたら「じゃぁ俺の言うとおりにしてみて」と言われ
私もちょっとだけ興奮しかけてたのでそれには頷きました。


最初に言われたのは「浴衣の胸のところをあけて」って言われ、そのとおりにしました。
「大きいね」って言われ少し恥ずかしくなっていたら、
「じゃ自分で好きなように触って」って言われました。
私もものすごくえっちな気分になってたので言われるとおり両手で自分の胸を揉みながら
ひとさし指で乳首をいじっちゃいました。我慢できなくて少し声が出ると、
「さっき一人でしてたのはこれだけ?」って言われたので乳首をつまんで少し早く指を動かしてたら、
感じてきちゃっていつも以上に乳首がたっちゃいました。
私も我を忘れて少し足を開いて下着の上からアソコをいじってたら、
見られてるせいでいつも以上に濡れていて、「あ…横から垂れてきちゃったよ」って言われました。
[ 2015/01/25 16:17 ] その他のエッチな体験談 | TB(0) | CM(-)

テニスの試合の後に・・・エッチな体験談


今日はうちの高校のコートで他校とテニス部の試合があり、見事勝利を収めてごきげん。
さらにはずーっと憧れていた先輩に今日終わったら一緒に帰ろうかって言われ大大ごきげんでした。
昨日思い切ってメールを送ると、俺も君が前から気になっていて。。。
だって、カンペキじゃないけど脈ありです。
長かった片思い暦に終止符を打てるかも。。。なのです。
私は副部長だったので相手高校にお礼や次の練習試合の打ち合わせとかしていて、
部室に帰ってきた時にはみんな先に帰った後でした。
普通は待っていてくれるのに今日は先生が勝ったご褒美に、
晩ごはんご馳走してくれるからって、先に行っちゃったのでした。
まあ予約しているから仕方がないかって。
それ以上に人目を気にせず先輩と帰れる。。。
その思いがわざと私をわざとゆっくりさせたのも事実でした。
[ 2015/01/25 05:11 ] その他のエッチな体験談 | TB(0) | CM(-)

漫画喫茶で・・・エッチな体験談


漫画喫茶でバイトしている者です。
私の店は、全席個室なのですが、もちろん密室というわけではなく、
ドアは下半分が切れていて中が見えるようになっています。
このドアの隙間は一見少ししかないように見えて、
中の状況をバイトが把握できるように計算されているのです。
そのため、利用者の方は死角にいるつもりでも、特定の角度からは丸見えなんですよね。
ですから男性のお客様が、一人でされているのは日常的に見ます。
こちらとしては、汚されなければ別に構わないので発見しても声はかけません。
それに常連様も、多いですしって前振りが長くなってすいません。



ある日の事です。私がいつものように店内を清掃していると、
本棚からいわゆるオカズ本が持って行かれているのを目にしました。
オカズ本とはバイトの隠語で、続き物漫画の中のエロい巻の事です。
その時は「〇〇」の6巻だけ、ピンポイントで抜きさられてました。
私は首をかしげました。なぜならその日はレディースデイで女性のお客様しかいらっしゃらなかったからです。私は清掃がてら例の、監視のための隙間からブースを一部屋ずつ覗いて見ることにしました。
私のモップを動かす手が、止まったのは、三つ目のブースの前でした。
本人は椅子の背もたれで上手く死角を作ったつもりなのでしょうが、私からは、中の様子がよく見えます。
中では、少女が、椅子のひじ掛けに足を乗せて、左手で本を支えていました。
右手の先はデニムのショートパンツの中へ入っており、ゆっくりと上下に動いています。
隙間からは彼女の顔は見えません。しかし、来店時に対応したのは私です。
確か、高校生位で、目がパッチリとした幼い顔立ちの少女でした。
私は、「あんな清純そうな子でもオナニーするのか」と衝撃を受け、立ちすくんでいました。
個室の中ではそんな私の心中をよそに、いよいよ大胆になっていました。
ひじ掛けに載せられた足は大きく左右に広げられています。
本は下向きに置かれ、空いた左手はニットの中の乳房をいやらしく揉みしだいています。
右手は徐々に早さを増してそれまでのねぶるような動きから、
クリを擦り上げるような動きへと変化していました。
快楽を貪さぼる姿は意外と男の人のそれと変わらず、非常に動物的でした。
足の指はピンと張り、逸らした白い首筋はどんどん赤くなっていきます。
私はそれを見て、(あ、もうイクんだ。あんなはしたない格好で達するんだ)と思いました。
[ 2015/01/25 05:09 ] その他のエッチな体験談 | TB(0) | CM(-)
i-mobile


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。